校正者・大西寿男の最新情報

 

 

 *セミナーやイベントの最新情報、プロフィールなど各種基本情報をまとめました。

 

(2023年11月15日現在)


★Pick Up★

 

●セミナー

 

【対面】

  • 言葉を届ける校正入門(その2)

NHK文化センター 西宮ガーデンズ教室

 2023年12月3日(日)14:00〜16:00 【募集中】

  • 言葉を届ける校正入門(その1)

NHK文化センター 神戸教室 

 2023年11月19日(日)14:00〜16:00 【募集中】

  *5月6月の西宮ガーデンズ教室、10月の毎日文化センターと同内容です

 

毎日文化センター 大阪教室

 2023年10月26日(木)19:00〜21:00

NHK文化センター 西宮ガーデンズ教室

 2023年5月21日(日)14:00~15:30

 2023年6月18日(日)14:00~15:30

 

 

●講演

2023年10月12日(木) 神戸市外国語大学

 *「いま伝えたい、ことばの力──コミュニケーション力を磨く」第1回

神戸市外国語大学:開催報告 動画(YouTube)

 

2023年11月12日(日) 神戸市立中央図書館

 

 

●インタビュー(ジモコロ)

(ジモコロ:2023年10月30日) 

 

 

●國學院大學メディア「つながるコトバ」

 

(國學院大學メディア「つながるコトバ」VOL.9:2023年9月25日)

 

 

●インタビュー(PILOT「かく、がスキ」)

 

(PILOT「かく、がスキ」〜かく、を語る〜:2023年11月10日)

(PILOT「かく、がスキ」〜かく、を創る〜:2023年9月8日)

 

 

●ポッドキャスト(Spotify)

 

「わたしもこっちなんですけど、最寄り駅まで話しません?」

 杏沙子&高岡洋詞 ゲスト:大西寿男

 

 

●連載コラム


●インタビュー(Adobe)

(Adobe Blog:2023年5月9日)

(Adobe Blog:2023年5月10日)

(Adobe Document Cloud JP:2023年5月10日)

 

 

●インタビュー(新聞・雑誌)

(毎日ことばplus:2023年5月31日)

(日刊ゲンダイ:2023年4月14日付紙面)

(聖教新聞:2023年3月2日付紙面) *有料会員限定

(FREENANCE MAG:2021年7月29日)

 

 

●寄稿

(毎日ことばplus:2023年5月19日) *無料の会員登録で読めます

  • 晩ごはんを食べながら

(週刊朝日:2023年4月7日号) *書評欄のコーナー「最後の読書」


●プロフェッショナル 仕事の流儀(NHK)

 

縁の下の幸福論 〜校正者・大西寿男〜

(NHK総合:2023年1月13日初回放送)

 

【動画】金原ひとみ 宇佐見りん 芥川賞作家が信頼を寄せる校正者 大西寿男

【番組予告】NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」Twitter(公式:2023年1月1日)

 

【番組案内】番組公式サイト

 

【有料配信】NHKオンデマンド


●著書『校正のこころ』

(週刊読書人:2021年8月20日号)

(公式:2023年3月2日)

 

●トークイベント

販売期限:2023年6月23日(金)19:30まで

視聴期間:2023年6月30日(金)23:55まで

収録日:2021年6月5日(土)・12日(土)・19日(土)

*全3回分をご覧いただけます

*書籍『校正のこころ』または『校正のレッスン』付きチケットあり


●リンクと校正担当書

  • 大西寿男(ぼっと舎)のTwitter


●著作

 

【校正】

第1版刊行時のご挨拶 - 出版メディアパル

  • 『かえるの校正入門──見落としをふせぐ10のルール』大西寿男:文、大場綾:絵(かえるプレス、2019年5月)

 

【創作・エッセイなど】

  • 片岡喜彦『古本屋の四季』書評

働き人の町の古本屋さん」『週刊読書人」2021年3月5日号

  • 小説「太一のマダン」『革』26号所収(2016年12月)
  • 母への聞き書き「長柄橋の奇跡」『Witchenkare』vol. 7所収(2016年4月)

ウィッチンケア文庫(note)で全文公開中


大西寿男 (おおにし・としお)

 

1962年、神戸市生まれ。

1988年より、河出書房新社、集英社、岩波書店などで、文芸書を中心に、さまざまな書籍・雑誌の校正を担当。

2021年に上梓した『校正のこころ』増補改訂第二版(創元社)が、「言葉や本を大切にしたい人必読」と大きな反響を読んでいる。

カルチャーセンターや企業、大学、ブックカフェなどの校正セミナーやトークイベントで校正のこころと技を伝える。

一人出版社「ぼっと舎」代表。言葉の寺子屋「かえるの学校」共同設立。

『校正のレッスン』『セルフパブリッシングのための校正術』ほか著書多数。